明石市議会
 文字サイズ:大 文字サイズ:中 文字サイズ:小

ホーム → 市議会からのお知らせ → お知らせ一覧 → 車いす利用者が傍聴しやすく

市議会からのお知らせ




車いす利用者が傍聴しやすく


〜議場内に段差解消機及び傍聴スペースを設置〜

これまで明石市議会では、議会の活性化について、さまざまな項目において議論を重ねてきました。

その中の1項目として、だれもが気軽に市議会を知っていただけるよう、傍聴席など来庁者が利用しやすい議会等について協議を行い、このたび、議会棟3階の議場内に車いす用傍聴スペース(3台分程度)及び段差解消機(積載量180kg、テーブルサイズ81cm×103cm) を設置し、9月定例市議会から利用を開始することになりました。

これまでは、車いすの方が傍聴に来られたときは、議会棟3階の傍聴ロビーなどのテレビモニターにより、本会議をご覧いただいておりましたが、段差解消機を設置したことにより、車いすのまま本会議の様子を間近で傍聴することができるようになります。

また、このほか傍聴される方の安全面を配慮して、傍聴席最前列及び傍聴席出入口階段に手すりの設置も行いました。

9月定例市議会の初日(平成21年9月4日(金))から利用できますが、車いす用傍聴スペース(3台分程度)のご利用は先着順とさせていただきますので、ご利用いただけない場合は、傍聴ロビーのテレビモニターによりご覧いただくことになります。

議長に質問  議長に質問

段差解消機                   車いす用傍聴スペース