明石市議会
 文字サイズ:大 文字サイズ:中 文字サイズ:小

ホーム → 市議会からのお知らせ → お知らせ一覧 →明石市議会議員政治倫理条例検討会を設置

市議会からのお知らせ




明石市議会議員政治倫理条例検討会を設置

 地域主権時代に即応した議会改革を推進する上で、政治倫理は最も基礎となる重要な課題であり、その確立が強く求められています。
 このような中、明石市議会では今後、自治の主体の一翼としての責務を果たしていくため、市民全体の代表者また奉仕者としての信頼を確保し続けることが重要であると認識し、議長の任意の諮問機関として出雲副議長を座長とし、各会派の代表者からなる議員政治倫理条例検討会を設置しました。今後、素案や条例案の検討を行い、平成23年3月定例会に条例議案を提案し、4月1日の条例施行を予定しています。

 平成22年8月25日には第1回検討会が開催され、住野議長から検討会へ諮問がなされた後、体制や今後のスケジュールについて確認を行いました。
 同日の午後からは、平成14年に議員政治倫理条例を策定した加古川市議会を視察し、設置に至る経緯や課題などについて調査しました。

第1回検討会
住野議長から諮問書を受け取る出雲副議長

加古川市議会での視察@

加古川市議会での視察A