新あかし健康プラン21
HOME > 健康づくりの取り組み

健康づくりの取り組み

市民一人ひとりの健康づくりの取り組みを、ライフステージごとに整理します。

    みんなでめざす重点目標 乳幼児期(妊娠・出産期含む)
(0〜5歳)
青少年期
(6〜19歳)
成年期
(20〜39歳)
壮年期
(40〜64歳)
高年期
(65歳以上)



|








健康診査と健康管理
健康診査と健康管理
健診を受け、日頃の生活習慣を見直し、健康管理に努める 〜妊婦健診・乳幼児健診を受けましょう〜 生活習慣病について学び、自分の体を大切にしましょう 健康な時から健診を受けましょう 年に1回は必ず健診を受け、健診結果を活用しましょう
栄養・食生活
栄養
・食生活
自分の体と食生活に関心をもち、楽しく、健康的な食生活をする 食事を通して生活のリズムを身につけましょう (6〜15歳)早寝・早起き・朝ごはん 基本的な食習慣を身につけましょう
(16〜19歳)毎日、朝ごはんを食べましょう
毎日、朝ごはんを食べましょう 自分の食生活を見直し、改善していきましょう 1日3食 食べましょう
身体活動・運動
身体活動
・運動
自分に合った好きな運動を続ける 体を使った遊びを家族や友人と一緒にしましょう 体を動かす楽しさを知りましょう 好きな運動を見つけて取り組み、体力づくりをしましょう 運動習慣を身につけ、ストレス発散や、生活習慣病予防に役立てましょう 無理をせず、自分の健康状態に合わせて体を動かしましょう
歯の健康
歯の健康
歯みがき習慣を身につけて、生涯を通じて自分の歯で食事をする 歯の大切さを伝え、正しい歯みがき習慣を身につけましょう 歯と口の健康づくりに関する正しい知識を得て、歯みがきをしましょう 歯ブラシだけでは歯垢(プラーク)をすべて取り除けないため、歯間部清掃用具を使いましょう
たばこ
たばこ
たばこが体に与える影響を正しく理解する 受動喫煙の機会をなくしましょう たばこが体に与える影響を知り、絶対にたばこを吸わないようにしましょう たばこが体に与える影響を正しく理解しましょう
アルコール
アルコール
アルコールが体に与える影響を知り、適量飲酒を心がける 妊娠中・授乳中の飲酒は控えましょう アルコールが体に与える影響を知り、飲酒しないようにしましょう お酒の適量を知りましょう
基本テ

こころの健康
こころの健康
睡眠、休養をとり、ストレスをためないようにし、お互いにこころの健康に気を配る 規則正しい生活習慣を身につけましょう 1人で悩みを抱え込まないようにしましょう 自分なりのストレス解消法を見つけましょう
親と子の健康(母子保健)
親と子の健康(母子保健)
子どもの健やかな成長発達のために、育児不安を1人で抱えることなく子育てを楽しむ 乳幼児健診を受けましょう 1人で頑張らず、周囲の人(家族・友人・近隣)や相談機関に気軽に相談しましょう 自分にできる子育てへの協力の仕方を考えましょう(友達のサポート、孫の世話、見守り、ボランティア等)
介護予防
介護予防
体とこころを健康に、仲間を増やして社会参加する 〜若い頃からの正しい食生活や適度な運動が介護予防につながります。〜 寝たきりや認知症を予防するために生活習慣を見直しましょう 介護予防に関する知識や重要性を理解し、実践しましょう
ページトップへ