新あかし健康プラン21
HOME > 健康づくりの取り組み > 栄養・食生活

栄養・食生活

みんなで目指す重点目標

自分の体と食生活に関心をもち、楽しく、健康的な食生活をする。

市民の取り組み

乳幼児期
(妊娠・出産期)
・食事を通して生活のリズムを身につけましょう。
・季節の食べ物を食べる・ふれる・育てるなど、食に関わる様々な体験をしましょう。
・日常生活の中で食育を取り入れましょう。
・家族や仲間と楽しみながら、おいしく食事をしましょう。
青少年期 〔6〜15 歳〕
・早寝 早起き 朝ごはん 基本的な食習慣を身につけましょう。
・好き嫌いをなくす、うす味など、食に関する正しい知識を身につけ、食事づくりなども実践していきましょう。
〔16〜19 歳〕
・毎日、朝ごはんを食べましょう。
・食に興味をもち、食の大切さを知りましょう。
〔共通〕
・日常生活の中で食育を取り入れましょう。
・家族や仲間と楽しみながら、おいしく食事をしましょう。
・しっかり噛んで食べましょう。
成年期 ・毎日、朝ごはんを食べましょう。
・食への関心を高め、食生活が自分の健康に与える影響を知りましょう。
・1日350g 程度の野菜をとり、腹八分目を取り入れましょう。
・日常生活の中で食育を取り入れましょう。
壮年期 ・自分の食生活を見直し、改善していきましょう。
・1日3食 食べましょう。
・脂肪分を控え、うす味を取り入れましょう。
(食塩摂取目標量 1日、男性8.0g 未満 女性7.0g 未満)
・食生活や食育などの知識を、家庭や地域で他の世代にもひろげましょう。
高年期 ・1日3食 食べましょう。
・量・質ともにバランスのいい食事を心がけましょう。
・食生活や食育などの知識を、家庭や地域で他の世代にもひろげましょう。
・家族や仲間と楽しみながら、おいしく食事をしましょう。

家庭・地域等の取り組み

重点プロジェクト
  • 自治会・町内会から栄養と食生活に関する情報提供を行う。
  • 食生活改善推進員などの人材(ボランティア)を活用する。
ページトップへ