新あかし健康プラン21

歯の健康

みんなで目指す重点目標

歯みがき習慣を身につけて、生涯を通じて自分の歯で食事をする。

市民の取り組み

乳幼児期
(妊娠・出産期)
・歯の大切さを伝え、正しい歯みがき習慣を身につけましょう。
・乳幼児健診、妊婦歯科健診、2歳児歯科健診を受けましょう。
・妊娠期や出産期の歯と口の健康づくりについて意識を高め、正しい知識を身に つけましょう。
・子どもの歯みがき習慣を確立するため、保護者が歯と口の健康づくりについて意 識を高め、正しい知識を得ましょう。
青少年期 ・歯と口の健康づくりに関する正しい知識を得て、歯みがきをしましょう。
・しっかり噛んで食べましょう。
・むし歯予防や歯と口の健康づくりのため、定期的に歯科健診を受けましょう。
成年期
壮年期
高年期
・歯ブラシだけでは歯垢(プラーク)をすべて取り除けないため、歯間部清掃用具を 使いましょう。
・定期的に歯科健診を受けましょう。
・かかりつけの歯科医をもちましょう。

家庭・地域等の取り組み

  • 定期的に歯科健診を受診する。
  • 自治会、町内会の掲示板や回覧板などを活用して、歯と口の健康づくりに関する正しい情報を提供する。
  • 家庭で歯みがき習慣を身につける、規則正しい食事をする。
ページトップへ