新あかし健康プラン21
HOME > 健康づくりの取り組み > アルコール

アルコール

みんなで目指す重点目標

アルコールが体に与える影響を知り、適量飲酒を心がける。

市民の取り組み

乳幼児期
(妊娠・出産期)
・妊娠中や授乳中の飲酒は控えましょう。
・妊娠期や授乳期のアルコールの影響を知りましょう。
青少年期 ・アルコールが体に与える影響を知り、飲酒しないようにしましょう。
成年期
壮年期
高年期
・お酒の適量を知りましょう。
・週に2日は休肝日をつくりましょう。
・アルコールが体に与える影響についての知識を身につけましょう。

家庭・地域等の取り組み

  • 家庭や学校においてアルコールが体に与える影響を認識し、正しく伝える。
  • 未成年者に飲酒をさせない。
  • 節度ある適度な飲酒を周囲に働きかける。
ページトップへ