新あかし健康プラン21
HOME > 健康づくりの取り組み > こころの健康

こころの健康

みんなで目指す重点目標

睡眠、休養をとり、ストレスをためないようにし、お互いにこころの健康に気を配る。

市民の取り組み

乳幼児期
(妊娠・出産期)
・規則正しい生活習慣を身につけましょう。
青少年期 ・1人で悩みを抱え込まないようにしましょう。
・周りの大人は、子どもの変化に気を配りましょう。
・十分な睡眠を心がけましょう。
・規則正しい生活を送りましょう。
成年期
壮年期
高年期
・自分なりのストレス解消法を見つけましょう。
・悩みを聞いてもらえる仲間をつくりましょう。
・うつ病などのこころの健康に関する正しい知識をもちましょう。
・必要時は専門機関に相談しましょう。
・疲れたときは、休むことも大切であることを認識しましょう。
・質の良い睡眠を心がけましょう。

家庭・地域等の取り組み

  • 家庭や地域、学校、職場等において、お互いがゲートキーパー(心の健康状態の変化や自殺のサインに気づき、見守り、相談機関へつなぐ役割)になる。
  • 職場などでストレスやうつ病に関する正しい知識を啓発する。
  • 地域で交流の機会をつくる。
ページトップへ