新あかし健康プラン21
HOME > 健康づくりの取り組み > 親と子の健康(母子保健)

親と子の健康(母子保健)

みんなで目指す重点目標

子どもの健やかな成長発達のために、育児不安を1人で抱えることなく子育てを楽しむ。

市民の取り組み

乳幼児期
(妊娠・出産期)
青少年期
・乳幼児健診を受けましょう。
・予防接種を受けましょう。
・かかりつけ医をもちましょう。
・親子でのスキンシップの時間を大切にしましょう。
・規則正しい生活習慣を身につけましょう。
成年期
(妊娠・出産期、乳幼児期の保護者)
・1人で頑張らず、周囲の人(家族・友人・近隣)や相談機関に気軽に相談しましょう。
・妊婦健診を受けましょう。
・乳幼児健診や相談の場を活用し、子どもの成長発達を確認しましょう。
・子育ての仲間をもちましょう。
・男性も育児に参加しましょう。
壮年期
高年期
・自分にできる子育てへの協力の仕方を考えましょう。
(友達のサポート、孫の世 話、見守り、ボランティア等)

・子育て世代の人に興味・関心をもちましょう。
・子育て世代との交流の場に参加しましょう。

家庭・地域等の取り組み

  • 育児不安、負担の軽減を図るため、地域での子育て支援を充実させる。
  • 父親の育児参加を促進する。
  • 地域の子ども(親と子)に目を向けて、幅広い年代の人との交流を心がける。
ページトップへ