新あかし健康プラン21
HOME > 健康づくりの取り組み > 壮年期(40〜64歳)

壮年期(40〜64歳)

健康診査と健康管理
健康診査と健康管理
・年に1回は必ず健診を受け、健診結果を活用しましょう。
・生活習慣病予防など健康についての知識をより高めましょう。
・がんの知識をもち、検診をうけましょう。
・血圧や体重などを定期的に測定し、健康状態の記録をつけましょう。
・適正な血圧を維持できるようにしましょう。
・適正体重を維持できるようにしましょう。
栄養・食生活
栄養・食生活
・自分の食生活を見直し、改善していきましょう。
・1日3食 食べましょう。
・脂肪分を控え、うす味を取り入れましょう。
(食塩摂取目標量 1日、男性8.0g 未満 女性7.0g 未満)
・食生活や食育などの知識を、家庭や地域で他の世代にもひろげましょう。
身体活動・運動
身体活動・運動
・運動習慣を身につけ、ストレス発散や、生活習慣病予防に役立てましょう。
・楽しみながら、自分の健康状態に応じた運動をしましょう。
・手軽にできる運動(ウォーキング、階段の積極的な利用、地域の教室へ参加)に取り組みましょう。
・週に2〜3回、1日に計30 分程度の運動を継続しましょう。
歯の健康
歯の健康
・歯ブラシだけでは歯垢(プラーク)をすべて取り除けないため、歯間部清掃用具を使いましょう。
・定期的に歯科健診を受けましょう。
・かかりつけの歯科医をもちましょう。
たばこ
たばこ
・たばこが体に与える影響を正しく理解しましょう。
・喫煙する時は、周りの人への配慮も忘れないようにしましょう。
アルコール
アルコール
・お酒の適量を知りましょう。
・週に2日は休肝日をつくりましょう。
・アルコールが体に与える影響についての知識を身につけましょう。
こころの健康
こころの健康
・自分なりのストレス解消法を見つけましょう。
・悩みを聞いてもらえる仲間をつくりましょう。
・うつ病などのこころの健康に関する正しい知識をもちましょう。
・必要時は専門機関に相談しましょう。
・疲れたときは、休むことも大切であることを認識しましょう。
・質の良い睡眠を心がけましょう。
親と子の健康(母子保健)
親と子の健康
(母子保健)
・自分にできる子育てへの協力の仕方を考えましょう。
(友達のサポート、孫の世話、見守り、ボランティア等)
・子育て世代の人に興味・関心をもちましょう。
・子育て世代との交流の場に参しましょう。
介護予防
介護予防
・寝たきりや認知症を予防するため生活習慣を見直しましょう。
・自分の食生活を見直し、改善しましょう。
・楽しみながら、自分の健康状態に応じた運動をしましょう。
・趣味をもち、仲間づくりをしましょう。
メタボチェック  血圧チェック
脂質異常症(高脂血症)予備群チェック  糖尿病予備群チェック
更年期症状チェック
ページトップへ