新あかし健康プラン21
HOME > 健康づくりのポイント > 身体活動・運動

身体活動・運動

  • ウォーキング
  • 体操一覧
  • 腰痛・肩こり・膝痛 ちょっと気になる人

適度な運動や身体活動は、体力を維持向上させるだけではなく、生活習慣病の原因となる肥満の予防やストレス解消につながります。しかし現代では、子どもが外で遊ぶ機会の減少や、大人が日頃、歩く時間が短くなるなど、日常生活で体を動かす機会が減ってきている傾向が見られます。すべての年代で、健康を維持するために、日常生活の中で体を動かす工夫を試み、運動習慣を身につけ、維持させていくことが大切です。


重点目標 自分に合った好きな運動を続ける。

市民の健康状態

1回30分以上の運動を週に2回以上実施し、1年以上継続している人の割合
(平成27年健康づくり市民アンケート調査)
運動を心掛けている人ほど、ストレスを感じる割合が低い結果が出ています。

自分にあった活動を見つけよう!

新あかし健康プラン21では、重点プロジェクトの1つとして「運動」に取り組んでいます。具体的には手軽にできる「ウォーキング」で、いつもより1000歩(10分)多く歩くことをおすすめしています。下の図を見ながら「ウォーキング」以外でも自分にあった活動を見つけ、子どもも大人も楽しく運動しましょう。

自分にあった活動を見つけよう!

運動の効果

一般的に下記のような効果が運動にはあるといわれています。
運動の効果

◆からだを動かす楽しさを知る。
◆達成感や充実感を味わう。
◆社会的なルールを理解し、人との関係を学ぶ。
◆危険を理解し、自分のからだを守ることを知る。
といった上記以外の効果もあります。
子どもの頃からどんどん体を動かす習慣をつけましょう。

運動ができる施設、教室のご紹介

リンク先
コミュニティ・センター(市のホームページ)
中央体育館(市のホームページ)
スポーツクラブ21(市のホームページ)

ウォーキング 体操一覧 腰痛・肩こり・膝痛 ちょっと気になる人
ページトップへ