新あかし健康プラン21

たばこ

たばこは、がん(喉頭がん、肺がん、食道がんなど)・心臓病・脳卒中・呼吸器疾患などの発症に大きな影響を与えるだけでなく、HDLコレステロール(善玉コレステロール)の低下や歯周病、低出生体重児の出生などの危険因子でもあります。
また、職場や家庭でおこる「受動喫煙」によって、周りの人々の健康に対しても悪い影響を及ぼします。
たばこが体に与える影響についての知識を持ち、禁煙、受動喫煙の防止など実際に行動に移していくことが大切です。

 


たばこが体に与える影響を正しく理解する。

市民の健康状態

喫煙が健康に及ぼす影響について知っている人の割合
(平成27年健康づくり市民アンケート調査)

たばこを吸わない・現在禁煙している人は83%います。
明石市の目標は95%以上としているので、目標まであともう少しです。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)とは?

COPD は、たばこの煙などの有害物質の吸入による肺の炎症、肺組織の破壊によって、呼吸がしにくくなる病気です。患者の90%以上は喫煙者であり、中高年に多く発生する生活習慣病です。

  • (症状)
    せきやたん、歩行や階段昇降など体を動かした時の息切れなど。ひどい時には体重減少、心不全や呼吸不全を伴います。

  • (治療)

    禁煙を中心とした生活習慣の見直しです。呼吸不全が進行した場合は人工呼吸器等が必要になることもあります。


ページトップへ