新あかし健康プラン21
HOME > 親と子の健康 > 親子遊び

親と子の健康

親子遊び

親子での体を使った遊びは、運動能力の向上や親子関係を築くことのできる、お手軽アイテムです。子どもの成長・発達に合わせて遊びを楽しみましょう。


こっちこっち

両腕で体を支え、うつ伏せの状態にすると、顔が少し上がります。「こっちこっち」と声をかけながら、赤ちゃんの前でおもちゃを動かして見せましょう。
疲れて頭を伏せたら、あお向けにして休憩させましょう。
こっちこっち

運転手さんごっこ

赤ちゃんを膝の上にのせて、ハンドルを回す“まね遊び”をしましょう。“輪”を持たせたり、膝を上下に動かしガタガタ感を出すと楽しめます。
運転手さんごっこ

おひざでピョン!

膝の上に子どもを立たせて、手をしっかり持ちましょう。膝の上でピョンピョン跳んだり、ゆらゆら揺らしてみましょう。
おひざでピョン!

山越えごっこ

布団やマットを山に見立てて、登ります。布団の山の高さを変えたり、大人の体を山に見立てて遊んでみましょう。
山越えごっこ

風船ぽんぽん

風船をボール代わりにぽんぽんついて遊びましょう。
風船ぽんぽん

おさるさん

自分の体に引き寄せるようにして子どもを抱っこします。子どもは手と足でしっかりと親の体につかまります。親は四つ這いになり、揺らしたり歩いたりしてみましょう。
おさるさん

親子遊びの動画[1]

親子遊びの動画[2]
◎補助つき足跳び
◎手をつないでグーパー跳び
◎足跳び回り
◎自力でぶらさがり

親子遊びの動画[2]

親子遊びの動画[2]
◎グーパー跳び
◎ロボット歩き
◎手押し車
ページトップへ