新あかし健康プラン21
HOME > 親と子の健康 > おかゆの作り方

親と子の健康

おかゆの作り方

おかゆ

赤ちゃんの月齢に合わせた量と状態を目安に、おかゆを与えましょう。
時期 状態
5、6か月ごろ つぶしがゆから始める 10倍がゆ
7、8か月ごろ 全がゆ50g 〜 全がゆ80g 7倍がゆ
9〜11か月ごろ 全がゆ90g 〜 軟飯80g 5倍がゆ → 軟飯
1歳〜1歳6か月ごろ 軟飯90g 〜 ご飯80g 軟飯 → ご飯

おかゆの作り方

米から作る場合

  米:水の割合 ポイント
10倍がゆ 1:10 沸騰したら弱火で約40分炊く
7倍がゆ 1:7 沸騰したら弱火で約40分炊く
5倍がゆ 1:5 沸騰したら弱火で約40分炊く
軟飯 1:2 沸騰したら弱火で約30分炊く
  1. 米をといでざるに上げ、水を切る。
  2. 鍋に米と水を入れ、20〜30分置く。
  3. ふたをして火にかけ沸騰するまで強火で炊く。沸騰したら弱火にして引き続き炊く。
  4. 焦げないようにするため、調理の途中で時々水を足す。上表の時間に合わせて炊く。
  5. 火を止めて、約10分蒸らす。

ごはんから作る場合

  ご飯:水の割合 ポイント
10倍がゆ 1:5 沸騰したらふたをして、とろ火で約20分炊く
7倍がゆ 1:3 沸騰したらふたをして、とろ火で約15分炊く
5倍がゆ 1:2 沸騰したらふたをして、とろ火で約15分炊く
軟飯 1:0.5〜1 沸騰したらふたをして、水分を軽くとばす
  1. 鍋に温かいご飯と水を入れる。
  2. 鍋を火にかけ、沸騰したら上表の時間に合わせて炊く。ふきこぼれやすいので、ふたを少しずらしておく。
  3. ある程度炊けたら、火にかけたままおたまなどでつぶす。こうすることで、火が通りやすくなる。
    5、6か月ごろ:ポタージュ状になるまで
    7、8か月ごろ:軽くつぶす程度に
    9か月〜1歳6か月ごろ:つぶさない
※元のご飯の固さによって、水分量、加熱時間は多少異なるため、様子を見ながら調理しましょう。

炊飯ジャーでおかゆ作り

深い湯のみ茶わんなどに表の分量の米と水を入れ、大人のご飯を炊く炊飯ジャーの中央に入れていっしょに炊くと、簡単におかゆができます。
炊飯ジャーでおかゆ作り

電子レンジで簡単おかゆ作り(9か月〜1歳6か月ごろ)

炊き上がったご飯を使って、電子レンジでおかゆが簡単にできます。やわらかく、ふっくら仕上げるのには電子レンジで加熱後、しっかり蒸らすことです。加熱時間は電子レンジによって多少違いますので、様子をみながら加熱しましょう。
電子レンジで簡単おかゆ作り

9〜11か月ごろ 〜おかゆ 出来上がり90g〜

<材料>
ごはん 40g
大さじ5
器にご飯と水を入れ、ふたか端をあけたラップをして、電子レンジで沸騰するまで約1分40秒加熱する。
  1. 取り出して、そのまま10分蒸らす。
  2. スプーンの背でざっとつぶす。

1歳〜1歳6か月ごろ 〜やわらかご飯 出来上がり90g〜

<材料>
ごはん 40g
大さじ3
  1. 器にご飯と水を入れ、ふたか端をあけたラップをして、電子レンジで沸騰するまで約1分加熱する。
  2. 取り出して、そのまま10分蒸らす。

形状のめやす
離乳食メニュー(5、6か月ごろ)
離乳食メニュー(9〜11か月ごろ)
ページトップへ