新あかし健康プラン21
HOME > 新着情報

エクササイズで健康度アップ教室
〜SP21(健康ソムリエプロジェクト)〜

 

update:2018/6/1

 簡単に家でも続けられるエクササイズ(体操やヨガ)と健康チェック(血圧・体脂肪測定等)をします。 時間内にいつでもお越しください。
♪♪♪参加ごとに、ポイントをさしあげます。集めると健康グッズをプレゼント♪♪♪


 費用:無料
 申し込み:事前申し込み不要。直接会場へ
     (会場へは公共交通機関でお越しください)
 問い合わせ:健康推進課(рX18−5657)


平成30年6月13日(水)

午前9時30分〜11時:大蔵コミセン


 内容:健康チェック、健康体操、明石焼体操
            

エクササイズで健康度アップ教室
〜SP21(健康ソムリエプロジェクト)〜

 

update:2018/6/1

 簡単に家でも続けられるエクササイズ(体操やヨガ)と健康チェック(血圧・体脂肪測定等)をします。 時間内にいつでもお越しください。
♪♪♪参加ごとに、ポイントをさしあげます。集めると健康グッズをプレゼント♪♪♪


 費用:無料
 申し込み:事前申し込み不要。直接会場へ
     (会場へは公共交通機関でお越しください)
 問い合わせ:健康推進課(рX18−5657)


平成30年6月20日(水)

 午前9時30分〜11時:大久保南小コミセン


 内容:健康チェック、健康体操、明石焼体操など

エクササイズで健康度アップ教室
〜SP21(健康ソムリエプロジェクト)〜

 

update:2018/6/1

 簡単に家でも続けられるエクササイズ(体操やヨガ)と健康チェック(血圧・体脂肪測定等)をします。 時間内にいつでもお越しください。
♪♪♪参加ごとに、ポイントをさしあげます。集めると健康グッズをプレゼント♪♪♪


 費用:無料
 申し込み:事前申し込み不要。直接会場へ
     (会場へは公共交通機関でお越しください)
 問い合わせ:健康推進課(рX18−5657)


平成30年6月27日(水)

午前9時30分〜11時:林小コミセン


 内容:健康チェック、健康体操、明石焼体操など

エクササイズで健康度アップ教室
〜SP21(健康ソムリエプロジェクト)〜

 

update:2018/6/1

 簡単に家でも続けられるエクササイズ(体操やヨガ)と健康チェック(血圧・体脂肪測定等)をします。 時間内にいつでもお越しください。
♪♪♪参加ごとに、ポイントをさしあげます。集めると健康グッズをプレゼント♪♪♪


 費用:無料
 申し込み:事前申し込み不要。直接会場へ
     (会場へは公共交通機関でお越しください)
 問い合わせ:健康推進課(рX18−5657)


平成30年6月27日(水)

午前10時〜11時30分:二見北小コミセン


 内容:健康チェック、健康体操、明石焼体操など


食育ボランティア&健康づくりボランティア養成講座

 

update:2018/6/1

 健康づくりを広める市民ボランティアを養成します。
♪♪修了後は食育ボランティア(いずみ会)&健康づくりボランティア(あかし健康ソムリエ)として活躍できます♪♪♪


  費  用:無料
  申し込み:5月1日から電話またはファクシミリで
   対  象:30〜70歳の明石市民で健康づくりを広めるボランティアをしたい方
       または興味のある方
   日  時:平成30年7月4日〜10月31日9:30〜12:00
        ※8/22のみ望海コミセン9:30〜12:30
   場  所:あかし保健所 (明石市大久保町ゆりのき通1丁目4−7)
   定  員:30名


健康推進課(TEL918−5657、FAX918−5440)

    

「熱中症に備えましょう」

 

update:2018/06/01

「熱中症に備えましょう」
 毎年この時期は、熱中症による救急搬送が多くなります。
昨年、明石市内で4月から8月末までに、市内で132人の方が熱中症により救急搬送されました。
 救急搬送された方を年でみると、高齢者(65歳以上)の方が70人で最も多くなっています。
 正しい知識を持って、しっかりとした対策をとり、熱中症を予防しましょう。

【熱中症の症状は?】
 体がだるい、めまい、発熱、吐き気、ズキンズキンとする頭痛 など

【予防するには?】
 ・外出時やのどの渇く前に意識して、コップ1杯(200ml)程度の水分をとる。
  汗をかいた時は、適度な塩分補給も必要。
 ・外出時は通気性が良く汗をよく吸う素材(綿・麻)の衣服を着用。帽子や日傘を忘れずに。
 ・決して無理な節電をせず、エアコンや扇風機を効果的に使う。
  風通しを良くし、すだれ、遮光カーテンなどの利用で室温の上がりにくい環境をつくる。
 ・保冷剤、冷たいタオルなどで体を冷やす。
  冷やすポイントは「首の左右、やや前の部分」「わきの下」「足のつけ根」が有効。
 ・高齢者や子供は特に注意が必要。

【応急処置ポイント】
 ・涼しい場所へ移動し、衣服をゆるめ足を高くして寝かせる。体を冷やす。
 ・水分、塩分を補給する。
 ・呼びかけに反応がない、自分で水が飲めない場合は、すぐに救急車を呼ぶ。

(お問い合わせ: あかし保健所健康推進課 TEL918−5657)


熱中症予防チラシを印刷して、ご利用ください。

 

ページトップへ