<< 前へ | 次へ >>
4 水道の危機管理 >> 危機管理の取り組み
 いついかなる場合にも、安全でおいしい水の供給を確実に維持していくことが、水道事業の使命です。その使命を果たすためには、地震などの自然災害対策に限らず、日常からの様々な場合を想定した危機管理が大切です。水道局では、危機管理に積極的に取り組んでいます。

危機管理職場リーダー会議
 危機管理の対象は、地震などの自然災害に限りません。水質汚染、施設の管理、工事の施行など、様々な原因や場面が考えられます。安全・安定給水や市民事故防止の観点から様々なリスクを想定し、そのリスクを回避するための手を打ち、万が一発生した場合はその被害を最小限に食い止めるための方策を十分考えておかなければなりません。それは、水道局のすべての職員にとって、最も重要な職務・責任のひとつです。
 水道局では、職場の単位である係(浄水場)の係長(場長)を中心に「危機管理職場リーダー会議」を設置し、各職場におけるリスクマネジメント活動を報告し、意見交換をしています。また、漏水等の事故が発生した場合もその対応について検証し、今後に活かしていく方策をまとめ、マネジャー会議(課長会)に報告するようにしています。

その他の取り組み
 水道局では、危機管理に関する計画として、「水道局危機管理計画」を作成しています。(従来、「水道部災害対策計画」と「水道水汚染危機管理マニュアル」に分かれていたものを「水道部危機管理計画」に一本化しました。)

水道局危機管理計画
  災害等による水道施設の破損・機能停止及び水質汚染事故への対策について、活動体制及び活動内容を体系的に定めるとともに、水道局単独では対応しきれない場合の広域応援体制について確認した文書です。また、個別の作業の手順を示した各種マニュアル、水道局が所有する車両、仮設給水時の給水拠点等、緊急時に必要となるものの所在を確認する資料もまとめています。

 また、各種の訓練も定期的に行っています。市防災訓練に給水班として参加しているほか、水道局独自に飲料水兼用耐震性貯水槽を活用した応急給水訓練、給水車操作訓練などを行っています。

関連項目
災害に強い水道づくり
仮設給水時の給水拠点位置図
隣接市町との連絡管整備
【明石市 水道局 経営係】 〒673-8686 明石市中崎1丁目5-1 電話 078-918-5064
Copyright(c) Akashi City Waterworks Bureau. All right reserved.